どこに設置すればいいの?

住宅用火災警報器の設置はお済ですか?

すべての建物火災全体のうち、住宅火災での死者数は約9割(残りの1割はホテルや旅館などの施設)そのうち約6割近くが65歳以上の高齢者。 今後の高齢化により、増加する恐れがあり、火災の発生をいち早く知らせてくれる住宅用火災警報器などの設置が平成18年6月1日から義務付けられました。

どこに設置すればいいの?

fck201005091721387e26b6ef8a0a6049

設置義務は、寝室(全室)と寝室に隣接する階段です。 天井または壁に取り付けします。 火災警報器には煙感知タイプと熱感知タイプがあり取り付けは火災の発生をいち早く知らせる煙感知タイプを主に選択します。 ご自身でも出来ますが、設置基準があり、正しく取り付けないと正しく作動しない恐れがあります。

Copyright(c) 2013 トーヨ株式会社 All Rights Reserved.